fbpx

新潟県南魚沼市湯沢町
転職・移住サポート

2021.12.14

雪国でのカーライフ、どうしたらいい?車所有の方が注意すべきポイント

タイヤ交換はいつする?チェーンなどは必要?雪国・魚沼/湯沢ならではの注意点

こんにちは!湯沢・魚沼の移住情報を提供する「ロカキャリ」編集部です。
新潟・魚沼地方というと米どころ・酒どころのイメージも強いですが、雪がたくさん積もることでも有名です。

今回は、そんな雪国での「カーライフ」を中心としたライフハックをご紹介していきます!

雪への準備

スノータイヤは必ず履こう!

11月の下旬から4月くらいまでは、旅行で来る時でもスノータイヤへの履き替えをオススメします。早い時期だと、11月末には初雪が降り、GW前まで山では積雪が残っていることが多いためです。
ちなみに、スタッドレスタイヤ(スノータイヤの中でも氷上や雪上での性能が高いもの)を購入することをオススメします。

タイヤはどこで保管する?

シーズンでタイヤの交換をしなければならないということは、つまり、タイヤの保管場所が必要ということです。

一軒家をご検討中の方は、車庫などがきちんと整備されていることが多いです。
アパート・マンションの方は要注意。アパートでも、多くのところは「タイヤ置き場」がある場所が多いのですが、1台分しかないケースもあります。ご夫婦で車を1台ずつ所有している場合などは、保管場所の確保が必要です。リゾートマンションの方は、タイヤの保管場所はほぼありません※。中には、狭い玄関に置いているという猛者もいらっしゃるのですが、スペースに限りがあるのでオススメはできません。
※ファミールヴィラ第二では、タイヤ保管を4,000円/年間で行っているそうです。

家に保管場所がない!という方は、どうしているのでしょうか。

タイヤ屋さん/カーショップで保管する
→タイヤを購入すると無料で保管してくれるお店
・ミスタータイヤマン 湯沢店
→有料で保管してくれるお店
タイヤ館 六日町店(半期6,600円〜)
・イエローハット 六日町店
ディーラーやタイヤショップでの保管は、履き替えもその場でできるため非常に便利ですね。
※他にも情報がありましたらお寄せください。

足回りのコーティングをしよう!

雪国は、道路が凍結しないよう融雪剤などをたくさん撒きます。その主成分である塩化カルシウムは、金属を錆びさせる性質があると言われています。
車の足回り(フレームやリアなど)が錆びて、車検が通らず数十万もかかる・・・など、放っておくと良いことは何もありません。足回り対策を事前にすることが必要です。
シーズンに入る前に「アンダーコーティング」を行いましょう。ガソリンスタンドやショップなどで2万円以下でできます。

時折、下部洗浄でメンテナンスを!

上記の通り、融雪剤が足回りについてしまうので、コイン洗車やガソリンスタンドなどで「下部洗浄」を定期的にやりましょう。

https://www.youtube.com/watch?v=8g-h6hHGczY

17号線沿いにある湯沢の宇佐美では、洗車のサブスクサービスも行っております。(参照:Youtube「とうちゃんはテンネンパーマ」チャンネル)
ですが、現在では人気になりすぎて洗車の列ができるほど混雑している場合がありますので、夜間や早朝など比較的空いている時間帯を狙うのがオススメです。(こちらのガソリンスタンドは、24時間営業)

必携!雪グッズ

<絶対あった方がいいもの>
・スノーブラシ
→フロント/リアなどすぐに雪が積もってしまいます。雪落としのために必要です。
・スコップ
→圧雪/除雪していない場所に突っ込んでしまうと、埋まってしまうことも。スコップがあれば脱出することができます。
・雪道脱出ボード
→上記の通りうっかりスタックしてしまった場合に必要。4,000円もあれば購入できます。
・軍手/長靴
→オススメは、”防寒テムジン”などのあったかいゴム手袋。長靴は雪国暮らしの人は普段から履いていると思いますが、履き替える場合は車に積んでおいた方がいいです。ちょっと駐車しているうちに50cm以上積もってる・・・なんていうこともザラではありません。

<なるべく携行している方がいいもの>
・防災グッズ
→自分の運転は大丈夫でも、周りの影響で道路上に閉じ込められてしまうケースも。
最低限の食糧や、防寒具などが入っている防災グッズはこういった場合にも役に立ちます。
2020年に発生した関越道の立ち往生
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020121800987&g=soc

雪国暮らし、どんな車がいいの?

実は2WDでも大丈夫!

雪が降って、スタックしたりなどがあるから、4WDじゃないといけないんでしょうか?とよく相談が来ます。ですが、地元の方も「二駆でも十分」と言っております。
その理由としては、魚沼・湯沢の主要道路には消雪パイプが行き届いており、除雪隊の技術は日本一と名高く、道路のインフラについては「スノータイヤさえきちんと履いていれば」日常生活では通行が大変ではないためです。

安心して運転したい場合

四駆の車を選ぶと良いでしょう。
ファミリーカーとしてはデリカや、遊びの車としてはジムニーの他、スバル車などが多く見られます。

リゾートマンション特有の車事情

駐車はできるけど車庫証明ができない?!

多くの方から「困った」と寄せられているのが、リゾートマンションでは車庫証明が出せないという問題。元々は別荘としての利用目的だったマンションで、現在でも多くの別荘としての利用者がおられます。(マンションの管理組合の理事さんは、リゾート利用の方が圧倒的に多い傾向があります。)
そのため、車のナンバープレートを替えようと思った時に車庫証明が出せないため変更ができない!という場合があります。
自宅から2kmまでは「車庫」として認められますので、多くの方は、車庫証明を出してもらえる一般の駐車場を契約して、ナンバープレートの変更対応をするなど工夫をされています。
湯沢で車の買い換えなどをされる方は、車屋さんに相談すると、車屋さんのところで車庫証明の対応をしてくださる場合があります。まずは、地元の車屋さん/中古車販売店などに相談されると良いでしょう。

越後湯沢駅前のマンションにおける車所有のポイント

越後湯沢駅前のリゾートマンションの多くでは、定住者用に定期での駐車場開放をしていないケースがあります。月極で駐車料金を払えば駐車しておけるパターン(ライオンズマンション第三など)や、月の駐車可能日数が決まっているパターン(ラヴィ湯沢など)や、1日単位でしか受付をしていないパターン(越後湯沢サマリーナ)などがあります。
そのため、近隣の民間駐車場を借りる方も多数。相場は5千円(平置き)〜1万円(屋根付き駐車場)程度です。ゆざわ商事さんで駐車場の契約情報が出ております。

越後湯沢駅前で車所有&定住をご検討されている場合は、駐車場関係をきちんと調べておくことをお勧めします。

他エリアは多くのところが駐車場無料

他、マンションが多い岩原/中里/苗場/石打舞子エリアでは、多くのところで駐車場が無料のところが多いです。
マンションによっては、ピロティ部分に駐車ができるなど降雪時に非常にメリットがある駐車場を備えているところもありますが、そういったところは抽選や別途料金を設けている場合があります。
また、ご家族で移住の場合は車2台所有をされる場合も多いかと思いますが、その場合も2台目以降は別途料金になっているところがあります。

湯沢町では、リゾートマンションへ住む方が年々増加しており、現在では町民の1/6である1500人程度の方が生活をしております。今後もリゾマン定住者が増えることによって、駐車場などのルールは大きく変わってくるかもしれませんので、最新の情報については不動産屋さんに現在の管理状況などを確認をされると良いでしょう。

南魚沼/湯沢への移住相談なら「ロカキャリ」へ♪

UターンやIターンで、情報が少ない中での移住や就職はやはり大変。 私たち移住パートナーがあなたのやりたいことや目指している暮らしをお伺いして、地元企業さんのご紹介をさせていただきます。 まずはじめに、私たちにあなたの考えていることやお気持ちをお聞かせください。 LINEで気軽に移住相談♪ご連絡お待ちしております。
友だち追加