新潟県南魚沼市湯沢町
転職・移住サポート

2022.02.16

気になる地方移住における転職事情!湯沢町の場合をデータで分析

新潟県の田舎での仕事は、農業や米作りばかりではない

移住して半年が経過いたしました!移住パートナーの橋本です。
「地方に移住してみたい」そう思っても、まず気になるのは仕事のことですよね。
最近はリモートワークもどんどん進み、仕事ごと持ってくる人も少なくありませんが、すべての仕事でリモートワークが可能になるわけではありません。

新潟は米どころのイメージもあり、都市部以外ではどこも農業が盛んなイメージを持たれることが多いです。
確かにどこも田んぼは多いものの、産業構造はその町によって当然異なります。

それでは、湯沢町ではどんな仕事があるのでしょうか?
町の雰囲気や生活環境ももちろん大事だけれど、「自分に合った仕事ができるのか?」も同じくらい重要ですよね。
今回は湯沢町のお仕事・転職事情をデータに基づき解説していきます。
具体的な仕事探しや就職につながるような情報にも触れていきますので、ぜひ最後までお読みください。

湯沢町の仕事と産業構造

新潟県湯沢町は、スキー場が町内に12個もあるスキーリゾートとして有名です。
そのため、主力の産業は観光業

ホテルや旅館、飲食店、スキー場などの観光業で直接お仕事をされる方が多いことはもちろんのこと、食品卸やリネン・クリーニング、清掃などの観光業を支える仕事に携わる方も多いです。

そんな湯沢町の産業構造は他の市町村と比べてもとってもユニーク。
どのくらい違うのかを、実際にデータに基づいて分析してみましょう!

データで見る湯沢町の産業構造

  【出典】総務省「経済センサス-基礎調査」再編加工、総務省・経済産業省「経済センサス-活動調査(2016年)」再編加工(グラフは弊社がRESASを元に作成)

まず、売上ベースでの湯沢町の主な産業は「宿泊・飲食サービス業」「卸売業・小売業」「建設業」となっており、これらで全体の約80%を占めています。
中でも「宿泊・飲食サービス業」は新潟県全体や全国と比べても突出して売上に占める割合が高いことがわかります。

湯沢町は「温泉・スキー場」のイメージが強いと思いますが、まさに観光が主力産業となっています。
従業員ベースでみると、その傾向がさらに顕著になります。

【出典】総務省「経済センサス-基礎調査」再編加工、総務省・経済産業省「経済センサス-活動調査(2016年)」再編加工(グラフは弊社がRESASを元に作成)

これは、業種の違いによる人員あたりの売り上げの違いよるところが大きいですが、いかに多くの人が観光に関わっているかがわかるかと思います。
建設業も、新潟県や全国と比較して多いですが、上述の観光関連施設の需要に加えて、新幹線・高速道路といった交通インフラの整備需要や砂防施設(河川の改修など)、なんといっても冬場の「除雪」需要があることが特徴的です。
(新潟県全体も全国と比べて多いですよね)

観光の町 湯沢町

【出典】湯沢町Webサイト「観光統計

観光地なので大型連休のある時期は大変多くの観光客の方々が訪れますが、やはり冬場のウィンタースポーツ需要が圧倒的に多い地域であります。
グラフでも観光客のほとんどが「スキー・スノボ」が目的となっており、観光客の増減もそれに影響されていることがわかります。
それくらい、湯沢町とスキー・スノボは切っても切り離せない関係であると言えます。
また、そのような事情から「夏は農業・土建業、冬は宿泊業」という形で、冬場のみ観光に従事するスタイルの方もいらっしゃいます。

湯沢町のもう1つの特徴 リゾートマンション

もう1つの特徴としては、「不動産業・物品賃貸業」です。
湯沢町は人口8千人の町ですが、リゾートマンションが全部で57棟(約1万5千戸)あり、もちろん定住者の方も多くいますが、別荘として利用される方も多いです。
「町の規模に対してマンションが豊富にある」という事情もあり、不動産業が多くなっています。

湯沢町の主要産業の求人の特徴

観光関連のお仕事

上述の通り観光が主力産業のため、宿泊施設や観光関連施設のスタッフ業務が豊富にあります。
特にピークを迎える冬期には、スキー場や観光バスの仕事も増えるため、短期での求人が大変多くなります。

ただし、「観光の仕事」とはいってもフロントや清掃などのスタッフ業務ばかりではありません。例えば大手ホテルの広報の仕事や、飲料・食品メーカーの自社運営店舗マネージャー、イベント企画関連のお仕事など多岐にわたります。
そういったお仕事は以外と見落とされがちではないでしょうか?

「観光の仕事だと、これまでのキャリアや経験値がゼロになってしまうのでは?」と考えてしまう方も少なくないかもしれませんが、むしろ今までのスキルを「観光」という実践の場で発揮するチャンスにすることも可能です!

建設関連のお仕事

建設業の場合は、「夏:建設→冬:除雪」というのが一般的です。
夏場は一般的な建設・土木と相違ないですが、高速道路や新幹線関連の仕事も多いです。

特徴的なのは冬場の除雪です。
除雪の仕事は湯沢町を始めとした豪雪地帯ではなくてはならない、とても大事な仕事です。
雪は待ってはくれないため、早朝や深夜でも雪かきを行う必要がありますが、会社によってシフトを組んで対応しています。
雪の状況に応じて対応するため、いつ出動するかがわからなかったり、時間的に不規則だったりもしますが、その分手当などもありますので「冬場にガッツリ稼ぐ」という方も少なくありません。

また、建設系といっても必ずしも「現場仕事」という訳ではありません。
技術系や営業など、ホワイトカラーの仕事もございます。
湯沢では土日勤務の仕事も多い中で、土日休みが多いのも建設関連の仕事の特徴です。

不動産関連のお仕事

最近、湯沢のリゾートマンションが注目されていることもあり、不動産業者は大変忙しく人出不足の状況です。
主に不足しているのは営業職となりますが、パートでの事務スタッフの採用などもあります。

また、不動産会社や管理会社が管理する物件の「マンション管理のフロント(※管理会社としての組合のサポートなど)」や「管理人」の仕事もあります。リゾートマンションが多いこの土地ならではのお仕事ですね。

宅地建物取引士の資格を持っている方、マンション管理士などの資格を持っている方は採用されやすく、非常に有利になります!
田舎で安定した職に転職したいとお考えの方、キャリアアップをしたい方には宅建士やマン管などの資格取得が非常におすすめです。

不動産業なだけあって、住み込みで働ける求人や寮付の求人もあり、仕事と住居の両方を探している方は検討してみてください!

その他のお仕事

今回は産業の多くを占める業界のメインにご紹介させていただきましたが、もちろん上記以外にも仕事はございます!

湯沢町でのホワイトカラーのお仕事はこちらにまとめてあるので、ぜひこちらもご覧ください!
関連記事:田舎にホワイトカラーの仕事なんてあるのか?南魚沼・湯沢の場合
 

湯沢/南魚沼の仕事なら「ロカキャリ」

地方での求人情報は都会と違ってハローワークが中心となります。

一方で、タイムリーに求人をかけていなかったり、「求人情報としてはまとめていないが、人材としては欲しい」といったこともあります。
そういった求人情報は離れたところから検索していてもなかなかたどり着くことができません。
そのエリアについてある程度まとまった情報を持っている人を見つけることで、情報収集がグンとしやすくなります。

湯沢町・南魚沼市を含めた新潟への移住・転職をご検討の際にはぜひロカキャリまでご相談ください!
ここでは書ききれなかったお仕事事情から暮らしの事情まで、気軽にLINEでご相談いただけます♪

 
友だち追加